« 今月の試聴盤//0806 | トップページ | SDレビュー2008 改め、compe 080626 »

2008年6月27日 (金)

今月の試聴盤//0806その2

ドント・レット・ゴー

セカンド・ウインド

BREAKIN COMBS

ドント・レット・ゴーは、ジョージ・デュークの出世作、リーチ・フォー・イット(’77、ポップチャートで最高25位、ゴールド・ディスク獲得作。)の翌年に出た盤だけに、イイに決まってるでしょーーーっっってことで、買いました。超が付くぐらいの名盤。このヒトは、のちにE,W&Fのプロデューサーをしてしまう位の、仕事人になるわけで、ボクも大好きだが、この盤もイイ!!リーチ・フォー・イットも買っちゃおうーっと。

上から2枚目、アル・ジョンソンは、アマゾンのおすすめから購入。けれど、ゲッッ!知らなかった。プロデューサーがノーマン・コナーズになっているっ!!!で、’80だから、まさにボクのスイート・スポットだーーーーぁ!!って、考えてみるに、当時大して売れてもないのに、ソニーがわざわざCD化しているわけだから、悪いわけがない。まぁ、ジョージ・デュークにもあてはまるわけだけど。

一番下、ドレッド・スコットは、ちょっとガックリ。前に買って大正解だった、エイドリアナ・エヴァンスの旦那サンで、音作り担当みたいだから、期待してたんだけれども。わからなくもないんだが、少し違う。

|

« 今月の試聴盤//0806 | トップページ | SDレビュー2008 改め、compe 080626 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203313/41665188

この記事へのトラックバック一覧です: 今月の試聴盤//0806その2:

« 今月の試聴盤//0806 | トップページ | SDレビュー2008 改め、compe 080626 »