« PRE TWO | トップページ | 今月の試聴盤//0901その3 »

2009年1月20日 (火)

PRE TWO、やっぱり発振してしまいましたーー。

Img_4153_3

WM8816使用の「PRE TWO」だが、OPアンプの代わりに、フル・ディスクリートのプリアンプ基板(上の写真↑)を使おうとした(←むしろ、これがメインだったりする。)けれど、案の定、発振してしまいましたーー。まあ、半分は計算済みで、少容量のディップマイカコンデンサーを、いろいろと用意していたけれど、結局、改善されず。(それにしても、ディップマイカって高いねぇー。鈴商で安く売っているのを、後から知った。)発振って、いろいろな要素と原因があるみたいで、ネットで調べても最終的に、お手上げ状態。

どうしようかなーー。プリアンプ基板自体は、ちゃんと動作していることを確認済みだから、これに、少し高価なVRを付けるか、あるいは、プリアンプ基板をやめて、素直に、ボリュ-ム基板にOPアンプを使用するか?プリアンプ基板の制作にかけたお金がもったいないなぁー。かといって、普通の、可変抵抗ボリュームによる音量調整はやだなぁーーー。

|

« PRE TWO | トップページ | 今月の試聴盤//0901その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203313/43802341

この記事へのトラックバック一覧です: PRE TWO、やっぱり発振してしまいましたーー。:

« PRE TWO | トップページ | 今月の試聴盤//0901その3 »