« 今月の試聴盤//0906 | トップページ | 今月の試聴盤//0906その2 »

2009年6月14日 (日)

MG100HRの試聴会@コイズミ無線

FOSTEXから限定発売になる、口径10cmのフルレンジ・ユニット:MG100HRの試聴会に、コイズミ無線まで行ってきた。

Img_4691

いやぁーー、おそろしくイイ音。適度に爽やかで、極めてニュートラル、かつ、当然ハイスピード。素性の良いフルレンジを、LCネットワーク・レス で聴くことの利点が、もろに出ている。発表されたf特は、必ずしもフラットとは言いがたいが、そういう暴れは、特に感じなかった。何よりも、筋肉質のいい低域が、ポンポンと出る。ウッドベースも聴いたが、低音不足は感じない。全域に亘って音が重くない。(低い方は、50~60Hzまでフラットに再生されていると思われ。さっき、シュミレーションしてみた。)

Img_4692_2

左は、評論家の炭山アキラ氏によるエンクロージャー。右はFOSTEXから出る、純正のエンクロージャー。較べると、左の方は、少し稚拙。期せずして、サイズも似たような大きさだが、音の方は、純正の勝ち(圧勝??)。炭山氏の方でも、かなりの美音。これは、やはり、ユニットがイイんだろう。

Img_4694

この純正の方は、結構仕上げが美しい。当然、高価。1台(1ペアではなく)5.25万円の予定とのこと。ブナ合板の目が綺麗。

Img_4696

高域の限界は、55kHz(-10dB)という驚異的スペック。ただ、これは信じてなかった。というより、FE168ESやFE168SSの時に経験済み。(←~25kHzのf特だが、ハイカットして、ツイーターをつなげないと、聴けたもんじゃなかった。)けれど、このユニットの高域はイイ。歪み感なしの、高分解能。

いや~~ぁ、欲しいなぁーー。

|

« 今月の試聴盤//0906 | トップページ | 今月の試聴盤//0906その2 »

コメント

稚拙って・・・なんだか失礼だな

投稿: 通りすがり | 2009年6月22日 (月) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203313/45331792

この記事へのトラックバック一覧です: MG100HRの試聴会@コイズミ無線:

« 今月の試聴盤//0906 | トップページ | 今月の試聴盤//0906その2 »