« 今月の試聴盤//0910その3 | トップページ | Windows 7 を導入!!! »

2009年10月22日 (木)

映画「ヴィヨンの妻」を見た。

Img_4818

今日は、有休をとって、映画「ヴィヨンの妻」を見てきた。はっきりいって、太宰の原作とは別物。まあ、太宰の世界観を借りた、夫婦の物語といったところか。途中までは、この短編小説に沿っているのだが、最後の方は、完全な付け加え。ただ、原作のもつ雰囲気から、大きく外れることはない。ドロっとした、「ダメ小説家:大谷譲治」役を、浅野忠信が好演。この「大谷」は、実質「太宰」と読みかえられるだろうが、この役は、浅野忠信の持つ「やるせなさ」、を抜きには語れないだろう。まさにハマリ役。主演の松たか子も、凄くよかった。フツーにオススメです。

|

« 今月の試聴盤//0910その3 | トップページ | Windows 7 を導入!!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203313/46555117

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ヴィヨンの妻」を見た。:

« 今月の試聴盤//0910その3 | トップページ | Windows 7 を導入!!! »