« 読み終えた本//091203 | トップページ | 今月の試聴盤//0912その2 »

2009年12月 4日 (金)

今月の試聴盤//0912

ホワット・カラー・イズ・ラヴ

↑’73作。”What color is love”つまり、「恋って何色」。歌詞カードを読んでしまうと、あまりおもろくない。「ああ、LOVEって何色なんだろうなぁー??」と思いを巡らせている時が、一番ツボにくる。ただ、音色的には、今のボクに全く訴えかけてこない。残念。

セレッシャル・スカイ (CELESTIAL SKY)(直輸入盤・帯・ライナー付き)

↑’80作。前回のアクエリアン・ドリームと、コンセプト的には同じ。こちらもノーマン・コナーズのバンドで、インストと歌もの半々。だが、音作りは、全く違う。アクエリアンは、真っ黒・ファンキー路線だったが、これは、かなりソフトで、ちょっとフュージョンっぽい。冒頭を飾る”You're A Star”は、アクエリアンでも一曲目だったが、その差、ハッキリ。両方とも、好印象盤だが、どちらか一枚と言われたら、アクエリアンか???

恋のハプニング

↑チャカ・カーンの’81作。これはイイ。ブラコン的名盤と言っていいと思う。このヒトのソロデビュー盤を持っているが、今回のこの盤を聴いて、印象が変わった。要は、ルーファス時代を含めて、どちらかというと、(シャウトしないまでも、)適度な太さと押しの強い声量で聴かせるタイプと思っていたが、この盤では、見事なまでに、バックの音作りと、声のエフェクト(←歌い方を含めて)とがカッコイイ。すこし集めてみよう。

|

« 読み終えた本//091203 | トップページ | 今月の試聴盤//0912その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203313/46936643

この記事へのトラックバック一覧です: 今月の試聴盤//0912:

« 読み終えた本//091203 | トップページ | 今月の試聴盤//0912その2 »