« 今月の試聴盤//1001その3 | トップページ | satri RENEWAL//その10 »

2010年2月 4日 (木)

satri RENEWAL//その9

Img_5041_3

↑高かった。ペアで約2.9万円(送料を入れて)っっ!!!!!高っっっ。このアンプの製作が、遅々として進まない原因は、実は、このヒートシンクの費用を工面していたから。サイズはH150×W294×D90と、A級30Wのアンプとしても、かなり立派なもの。もちろん、ここまで大きくなくてもよいが、当然ヒートシンクは熱容量が大きい方が、温度は上昇しにくいから、ここまで奮発してみた。というのも、前作のsatriでは、ヒートシンクが小さすぎて、夏場に温度が90℃近くになって、あわててて電源を切ったことがあったから。インターフェイスとして面白いので、今回もデジタル温度計(←秋月のキット)は、取り付ける。

|

« 今月の試聴盤//1001その3 | トップページ | satri RENEWAL//その10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203313/47477535

この記事へのトラックバック一覧です: satri RENEWAL//その9:

« 今月の試聴盤//1001その3 | トップページ | satri RENEWAL//その10 »