« 今月の試聴盤//1004その2 | トップページ | 今月の試聴盤//1004その3 »

2010年4月30日 (金)

0032でプリ//その3

Img_5259

↑0032とは、全く関係ない。あしからず。fujiwara式A10基板。以前、DACで使ったときには、図太くて、押しがあって、これが一番ボク好みだった。さてさて、0032は、どんな音を奏でることやら。

Img_5260

↑意外と、今回のプリアンプは、製作者であるボクの本気度が高い。それを物語る部品がコレ。セイデン製のオーディオ用・ローターリースイッチ。コレ一つで5000円位する高価さだが、部品としての信頼性もさることながら、なんと言っても、回した時の「クリック感」が、高級すぎる。一番初めのPRE ONE以降、二回目の採用。

Img_5261

↑「0032を聴いてみたい」というのも今回の動機の一つだが、実は、このアクリルのツマミに出会った、というのも大きい。これを使って、オール・アクリルの躯体を作る。半透明にする、光らせる。

|

« 今月の試聴盤//1004その2 | トップページ | 今月の試聴盤//1004その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203313/48228220

この記事へのトラックバック一覧です: 0032でプリ//その3:

« 今月の試聴盤//1004その2 | トップページ | 今月の試聴盤//1004その3 »