« 今月の試聴盤//1009 | トップページ | satriさん、アンタも暑かろうーー。 »

2010年9月 5日 (日)

”これも自分と認めざるをいない”展を見てきた。

Img_5535

この展覧会のイントロダクションの、佐藤雅彦による一連の文章自体は、全くもって、新しくもなんともない。というか、よくもまぁ、こんなコトを今更書けるなぁという感じ。社会学の分野では、いくらでも論じられてきたし、ボク自身でも、こういった論点は、その昔、デザイナーちっくに、建築コンペに参加していたときにも、考えてみた。まぁ、偉そうなコトは言えないし、言ってもなんか空しいが、けどねぇ。

そうは言っても、展示されている作品の質は、それほど悪くはない気がする。メディアアート的には、どうなのかな??古いのかな???ちょっと門外漢ではあるので、よく分からない。オモロいことはオモロい。「金魚」のやつは、ハッとさせられた。印象深い。

|

« 今月の試聴盤//1009 | トップページ | satriさん、アンタも暑かろうーー。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203313/49351464

この記事へのトラックバック一覧です: ”これも自分と認めざるをいない”展を見てきた。:

« 今月の試聴盤//1009 | トップページ | satriさん、アンタも暑かろうーー。 »