« 読み終えた本//101218 | トップページ | SDTrans192 »

2010年12月19日 (日)

「ノルウェイの森」を見てきた。&夕日

Img_5679

先週公開の映画「ノルウェイの森」を見てきた。原作は、言わずと知れた村上春樹の大ベストセラー。けれどボクは未読、連れは既読。感想、、、第一声が、二人とも同じく、「菊地凛子がねえ」だった。誤解の無いように言っておくと、菊地凛子自体を否定しているワケではない。あくまでも、ボク自身は原作を読んでいない。しかし、他の村上作品に出てくる、この「直子」と推測される(実在したかどうかは、ボクは作者じゃないのでよく分からない。)少女像と、映画中の菊地演じる「直子」が、うまくマッチングしなかったのだ。ここは、連れも全くの同意見で、「直子は、もっと透明感がある人よ」、だそうだ。まぁ、非常に難しく、且つ重要な役柄だし、ベッドシーンあり、更に、ああいう微妙な(ちょっとエロ・グロ的な)台詞を言える女優というと、ううぅーーん、他に思いつかない。ただ、映画全体を通して言える決定的なことは、村上春樹の持つ、アノ文章の美しさ、それこそ「透明感」が、残念ながらこの映画からは、ほとんど感じられなかった。これはイカン。なんか、見終わって心に残っているのは、やたらに濡れ場・ベッドシーンが多かったな、と。この点は、連れは激怒していて、「実際、原作にもそういう描写はあるけれども、そこに至る心理の葛藤なり理由がやはりあって、それがキチンと描かれるワケだけれども、あれじゃぁ、ただ単にやっているだけの映画じゃない。」んんーー。手厳しい。そーねー、確かに、既読・未読にかかわらず、いわゆる「名作」を求めて、特に中高生が(←実際、チラホラいた)見る映画ではないかなと。けれど、最後に一つだけ褒めておこう。主人公「ワタナベ」演じる、松山ケンイチは良かった。ここだけは、連れも言っていた。うん、結構演技うまかったかも。なんか知らんけど、さりげなくカッコイイしねぇ。こりゃ将来、大物に化けるかな!?

002

↑映画自体とは関係ないけれど、江ノ島にも行って来た。夕日を見に。考えてみたら、こういう「絵」になる、「海に沈む夕日」なんて、見るのはじめてかも。ううぅ~~ん、こういうのって、あるんだねぇーーー。

|

« 読み終えた本//101218 | トップページ | SDTrans192 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203313/50337848

この記事へのトラックバック一覧です: 「ノルウェイの森」を見てきた。&夕日:

« 読み終えた本//101218 | トップページ | SDTrans192 »