« 今月の試聴盤//1108 | トップページ | DAC1704⇔1543//その3 »

2011年8月27日 (土)

ラムゼイ・ルイス@Blue Note TOKYO

Img_6274

Img_6275

タワレコのフリーペーパー:「intoxicate」の別冊、「AUDIO intoxicate」を、タワレコの店頭ではなく、webで見て、読者プレゼントのA賞に応募、見事に当選。ラムゼイ・ルイスのペアチケットが。まぁ、「使用している機器名」の欄に「CDトランスポートからスピーカーまで、全て自作機器」と書き、「好きな音楽ジャンル」に「JAZZからR&Bまで、黒人大衆音楽全般」と記入した時点で、当選する気は、正直した。けれど、実際に当選してみると、すんごい嬉しいもの。で、音楽できるくせに、なぜかJAZZとは全く縁遠い、連れを強引に誘って、行ってきました、初・ブルーノート東京。

ただ、ただ、しびれるーーーーーーー。カッコイイーーーー。たまらん、このGROOVE。うう~~~、言葉にならん。

事前に、ブルーノート東京のHPをチェックしたら、まぁ、要するに、「JAZZ CLUB」ってヤツかと。けれど、この手のお店は、映画では見たことがあるけれど、なんかHPに載っている食事のメニューの料金が、やたらと高い。げげ。場所も青山だし。げげげ。チャージ料10%とある。ゲゲゲゲゲーー。正直、連れがどんなリアクションするかも不安だし(←一応、今回のツアー・タイトルでもある、’74のアルバム:”Sun Goddess”は、CDを渡して、予習させておいたけれども)なんか、いろいろと緊張はした。

けれど、そんな心配は、すべて吹っ飛んだ!!やっぱ、イイねぇ、JAZZは。ライブの説明書きを見ると、結構な電子音ものかなと想像したが、ほんの少しのシンセサイザーが混じる程度の、直球JAZZ。初めっから最後まで、感動しっぱなし。店の雰囲気もたまらない。ゼッタイ、近いうちにまた来よう、チケット代はボクが出すから、って誓った。(別に、カクテルとツマミ程度なら、二人で、3K~4k円で全然高くはなかった。逆に、変なガキんちょみたいのがいなくて、妙に落ち着く。)

それにしても、今使っているDVDプレーヤーもそうだし、なんか、タワレコの応募者プレゼントとは相性がイイみたい。

|

« 今月の試聴盤//1108 | トップページ | DAC1704⇔1543//その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203313/52575779

この記事へのトラックバック一覧です: ラムゼイ・ルイス@Blue Note TOKYO:

« 今月の試聴盤//1108 | トップページ | DAC1704⇔1543//その3 »