« 替わりに、FURUTECHの「AC-1001」を買った。 | トップページ | 江戸東京博物館に行ってきた。 »

2011年8月 7日 (日)

「磯江毅=グスタボ・イソエ」展を見てきた。

Img_6262

こういうリアリズム絵画を、マジマジと見るのは初めて。「まるで本物・写真のようだ」という驚きは、当然あるとして、それよりも、アートというか「美しい」という驚愕・発見。たとえば、同じ構図・被写体を、写真で撮影したものと、礒江毅氏が描いたものが、仮にあったとしたら、勿論、単純なリアリズムというか、「正確さ」という意味では写真に軍配があがるわけだけれども、心に迫る美しさと言う意味では、磯江氏のほうが、圧倒的に「リアル」な気がする。正直、この手の分野は、なんというか、職人的というか、単に個人の技術というか、「器用さ」を超える域のものではなくて、「コンセプチュアル」な現代アートの視点からすれば、なんにも新しくも革命的でもない、と勝手に想像していた。けれど、この考えは見事に誤りであり、自分の視野・範疇の狭さを、モロに実感する結果となった。やっぱり、「美しい」って、大切だねぇーーー。

|

« 替わりに、FURUTECHの「AC-1001」を買った。 | トップページ | 江戸東京博物館に行ってきた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203313/52410225

この記事へのトラックバック一覧です: 「磯江毅=グスタボ・イソエ」展を見てきた。:

« 替わりに、FURUTECHの「AC-1001」を買った。 | トップページ | 江戸東京博物館に行ってきた。 »