« 今月の試聴盤//1109 | トップページ | 「家の外の都市の中の家」展を見てきた。 »

2011年10月 1日 (土)

高精度パワーアンプ

藤原さんの「高精度パワーアンプ」を製作開始!リファレンス・アンプとなるべく、持てる経験値と技量の全てを注ぎ、渾身の一作とする所存!!!って、スゴイ書き出しだが、まぁ、じっくり作っていきましょうーー。

Img_6292

まずは電源から。上の画像は終段用。平滑用のコンデンサーは、さんざん悩んだ挙句、結局、秋月で爆安販売中のKMH(50V/10000μF)を8個。その分、ダイオードはちょっと高価な、A&R Labの選別品/KCH30A15,KRH30A15。上の基板は、電磁リレーが搭載できるようになっているが、その部分は、MOS FETリレー(←目下、藤原さんが開発中)を搭載する。

Img_6293

裏側は、ご覧の通り、Φ2の銅線を半田付け。直流抵抗分を、少しでも軽減するのが目的。徹底的な「低インピーダンス化」が、今回の隠れテーマでもある。

|

« 今月の試聴盤//1109 | トップページ | 「家の外の都市の中の家」展を見てきた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203313/52875541

この記事へのトラックバック一覧です: 高精度パワーアンプ:

« 今月の試聴盤//1109 | トップページ | 「家の外の都市の中の家」展を見てきた。 »