« 高精度パワーアンプ//その10 | トップページ | 高精度パワーアンプ//その11 »

2012年3月 5日 (月)

朗読劇「幻色江戸ごよみ」に行ってきた。

Img_6755


なにせ、連れが佐々木蔵之介のファンなもんで。職場の同僚Nさんと、合計3人で行ってきました。ボク個人は、こういう朗読劇なるものは、生まれて初めてなので、凄く感動したんだけれども、連れとNさんは、途中、睡魔に襲われたそうな。まぁ、こう書くと、全然ダメな公演だったような印象を与えてしまうが、後で聞いた話し、連れは中学のときに、選択授業で「朗読」を選んでいたとか。演劇部の部長さんだったというのは知っていたが、まさかそこまでとは。そりゃ、見る目が厳しくはなるわなぁ~~。そこいらを勘案しても、原作の宮部みゆきのストーリーは、とても良かったと思し、特に亀治郎の朗読は、うまかったと思う。朗読だけで情景が浮かぶ凄さは、実感できた。面白い世界があるもんだーー。

|

« 高精度パワーアンプ//その10 | トップページ | 高精度パワーアンプ//その11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203313/54151491

この記事へのトラックバック一覧です: 朗読劇「幻色江戸ごよみ」に行ってきた。:

« 高精度パワーアンプ//その10 | トップページ | 高精度パワーアンプ//その11 »