« 今月の試聴盤//1206 | トップページ | スピーカー・ネットワークの改造 »

2012年6月21日 (木)

ようこそ、Alpair7

MG100HR用のスピーカーですが、折角、集成材のエンクロージャーまで作って、そのままお蔵入りするのは、チトもったいない。そこで探してみました、小改造程度で、MG100HRと置き換えられるユニットを。そーーーしたら、あるじゃないですか。ネジ穴が、まったく一緒のユニットが。しかも、パラメーターもほとんど似通っているから、低域の特性も、かなり期待できる!!

それが、表題のMarkaudio製”Alpair7”です。

Img_7330


↑ペアでの販売が基本だから、当然ながら、2個入りで1箱です。

Img_7332


↑ボクが買ったのは、「Grey」のほう。「10cmアルミ・マグネシウムハイブリッドコーン」だそうな。フレームは、プラスチック。

Img_7333


↑キャンセル・マグネットが着脱可能、というのが面白い。日本の代理店のHPによると、イロイロとユニークな特徴のある、「個性派」ユニットに見える。

Img_7329


で、出てくる音は、これが実に愉快爽快!!MG100HRで不満だった要素が、ことごとく、このユニットでは感じられない。何よりも、とても陽性な音で、ポンポン音が飛んでくる。エンクロージャーとの相性もピッタリで、低音の不足感も、全然MG100HRよりマシ。声もイイし、高域も癖はない。うう~~ん、これなら末永く使えそう。集成材エンクロージャーも本領発揮か!?いいユニットに出会った。

|

« 今月の試聴盤//1206 | トップページ | スピーカー・ネットワークの改造 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203313/55020181

この記事へのトラックバック一覧です: ようこそ、Alpair7:

« 今月の試聴盤//1206 | トップページ | スピーカー・ネットワークの改造 »