« 「東京高円寺阿波おどり」に行ってきた。 | トップページ | 「マウリッツハイス美術館展」に行ってきた。 »

2012年8月30日 (木)

DAC9018D//その2

Img_7524


今回のDACにも、アップサンプリング基板を搭載する。藤原さんの「FFASRC」基板だが、当初は、「フルファンクションモード」で使用しようと目論んでいたが、計画を変更、DAC本体の入力系統のうち、一つのみを、192kHzにアップサンプリングすることにした。CDトランスポートからのS/PDIF出力を、ここに繋ぐ。つまり、この「FFASRC」で192kHzにアップサンプリングして、S/PDIF形式で、DAC本体に渡す。DAC基板自体には、I2Sで受け取ることの出来るインターフェースが装備されているが、残念ながら一系統だけなので、ここは、SDTrans384用にとっておく。

|

« 「東京高円寺阿波おどり」に行ってきた。 | トップページ | 「マウリッツハイス美術館展」に行ってきた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203313/55543840

この記事へのトラックバック一覧です: DAC9018D//その2:

« 「東京高円寺阿波おどり」に行ってきた。 | トップページ | 「マウリッツハイス美術館展」に行ってきた。 »