« DAC9018D//その2 | トップページ | 今月の試聴盤//1209 »

2012年9月 4日 (火)

「マウリッツハイス美術館展」に行ってきた。

Img_7526


そうなのです、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」を見てきました。この絵画は、1665年の制作と推定されるらしいですが、なんというか、非常に現代の感覚でも「ワカル」絵だと思います。基本、とても写実的だし、グラフィック的な色合い、少女のポーズ等々、ボクみたいな素人でも、「いい」と思わせる。難しくないのです。そういった意味では、広くイロイロな人に見てもらいたい絵ですが、ハッキリ言って、メチャ混んでます。僕等は、会期末も近い、9月2日の日曜日に見てきましたが、入場まで30分待ち&この絵を見るためだけに、更に30分待ちという状態。東京都美術館をはじめ、朝日新聞、フジテレビ等々、相当儲けてますな。

|

« DAC9018D//その2 | トップページ | 今月の試聴盤//1209 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203313/55582266

この記事へのトラックバック一覧です: 「マウリッツハイス美術館展」に行ってきた。:

« DAC9018D//その2 | トップページ | 今月の試聴盤//1209 »