« 今月の試聴盤//1212 | トップページ | 黄色い携帯、お疲れさま。ようこそ、iPhone 5。 »

2012年12月10日 (月)

「アートと音楽 ―新たな共感覚をもとめて」展を見てきた。

Img_7753


↑昨日、東京都現代美術館で開催中の、「アートと音楽」展に行ってきた。要は、「音楽」がテーマの現代美術が主旨。といっても、いわゆるCD等の録音物を介しての、「音と音楽の境目」的なモノを探る試みではない。坂本龍一らのビックネームも連ねる企画展だが、なんといっても、展示冒頭のセレスト・ブルシエ=ムジュノの作品が、インパクト大。あとは、氷で出来た、時間と共に溶けてゆくレコードを再生するアイデアとかも、ソコソコ印象的だったが、実際の再生音を聴くと、「あぁー、そりゃそうだねぇ」という感想。この美術館の常設展示のほうは、実は今回初めて見たけれど、こちらも結構面白かった。連れは、横尾忠則を初めて知ったらしく、すごい喰らいつきだった。すこぶる、アートを満喫!!

|

« 今月の試聴盤//1212 | トップページ | 黄色い携帯、お疲れさま。ようこそ、iPhone 5。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203313/56293762

この記事へのトラックバック一覧です: 「アートと音楽 ―新たな共感覚をもとめて」展を見てきた。:

« 今月の試聴盤//1212 | トップページ | 黄色い携帯、お疲れさま。ようこそ、iPhone 5。 »