« SDTrans384//その2 | トップページ | 2012年12月31日、大晦日!!→かに道楽 »

2012年12月30日 (日)

SDTrans384//その5

Img_7762


Img_7763


Img_7764


一応の完成です。HDMIケーブルは、底板に角穴を開けて、そこから引き出しています。けれど困ったことに、DAC9018Dに伝送できません。Fidelixの基板の使い方が間違っているのか、何故かうまくいかないのです。はて??horestaさんのブログの記事の通りなのですが、どこがいけないのでしょうか。もうちょっと調べてみることにします。当面のところ、SPDIFによる同軸での運用です。それでも、ウワサに違わず、すごい音がします。一番初めは、とてつもなく、ぎこちない硬い音がしましたが、通電&エージングで、とても良くなりました。末永く愛用できる、ソース機器の誕生です。

|

« SDTrans384//その2 | トップページ | 2012年12月31日、大晦日!!→かに道楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203313/56429544

この記事へのトラックバック一覧です: SDTrans384//その5:

« SDTrans384//その2 | トップページ | 2012年12月31日、大晦日!!→かに道楽 »