« クリスマス2012@お台場 | トップページ | SDTrans384//その5 »

2012年12月26日 (水)

SDTrans384//その2

Img_7761


SDTrans384は、電源にこだわると、好結果が得られるらしいのですが、いかんせん、スペースがない。ラックの最上段に置くことが前提なのですが、CDトランスポートとDACプリが結構大きいので、しわ寄せが来たかたちです。本当なら、各セクションごとに、合計5系統の電源を用意すべきところですが、今回は、+5Vの一系統で、全てをまかなうことにします。基板は、藤原さんの「Type-E」です。ケミコンはニチコンのHZ、整流ダイオードは31DQ04、抵抗はタクマンREY、小信号トランジスタはローノイズ品と、部品選びは、それなりにこだわってみました。最近の成果の集大成です。トランスは、15VAの容量のものをあてがいました。

31DQ04ですが、気付いたら、千石電商で、随分と安く、SBDが売られるようになったのですね。概ね以前の価格の半分以下な気がします。

|

« クリスマス2012@お台場 | トップページ | SDTrans384//その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203313/56400300

この記事へのトラックバック一覧です: SDTrans384//その2:

« クリスマス2012@お台場 | トップページ | SDTrans384//その5 »