« 損保ジャパン東郷青児美術館に行ってきた。 | トップページ | 新・電源タップ?? »

2013年3月21日 (木)

DAC9018D//その14

Img_7830


今更ながら、デジタル部に手を入れています。というのも、藤原さんのところのBBSで、随分と前の書き込みですが、AVCCのコンデンサーの容量が大きすぎると、ES9018Sが破壊される可能性があるとの旨。(Re:DAC9018Sについて 2012/08/27 Capさんの書き込み)そもそもの話の流れは、DAC9018S等に、ProstさんのLED電源を使うのには、十分な注意が必要ですよ、とのことなのだが、それにしても、入手難かつ高価なES9018Sを壊してしまっては、元も子もないので、基板上の1.2Vレギュレーター周りの電解コンデンサーの容量を、少なくすることに。それまで、異様な大容量を積んでいたので(SEPC 6.3V/1500uF)、やはりまずかろうと。まぁ、今のところ故障してはいないのですが、静かに静絶縁破壊が進んでいる可能性は否定できません。と同時に、アナログ用の部分は、SEPCよりも、お気に入りのニチコン PWのほうが、音的にイイだろうということもあります。デジタル用は、そのままでも良かったのかもしれませんが、結局、OS-CONのSP 16V/270uFを4個、アナログ用はPW 25V/120uF 4個に換装。OS-CONは、半田の熱に弱いので、リードを少し残して、基板から浮かせています。あと、そのついでに、C19とC20も、ECHU 0.1uFに交換。

個人的には、藤原さんのところで検討されている、低ノイズの1.2Vレギュレーターが、気になって気になって仕方がありません。なんとか、DAC9018Dにも搭載できないかなぁ~~。

|

« 損保ジャパン東郷青児美術館に行ってきた。 | トップページ | 新・電源タップ?? »

コメント

管理人様

お久しぶりです。当方は、もう1台DAC9018Dを作成しました。電源はTYPE-HとTYPE-Iを使っています。写真館投稿時は、TYPE-Dでしたが変更しました。デジタル部は、DVCC系はAPSC160E471MJB5S 16V/470uF 105℃ 超低ESR:日本ケミコン  AVCCはニチコンFGを使用しました。そろそろやれることも限界かなーと思っております。さて、管理人様が前回取り上げていたMUTE回路ですが、寝室のヘッドホンアンプと化したもう1台のDAC9018Dに導入使用かと思案しておりますが、いまいち使い方がよく分かりません。どの電流をMUTEするためのものでしょうか?当方は、イヤホンを接続しているので、電源投入時のポップアップを防止したいと思うのですが、適用方法が??なんですね、、ご教授頂ければ幸いです。

投稿: パッチギ! | 2013年3月22日 (金) 13時26分

パッチギ!さん、こんばんは。

TYPE-HとTYPE-Iをお使いなのですね。当方も、2系統の3.3Vは、それぞれ、TYPE-Hに交換しようとは思っています。±15Vは、現行のディスクリ電源が、過渡特性が優秀なので、しばらく様子見です。三端子レギュレーターや、各種電圧レギュレーターの考察は、ヒロさんのHPのどこに書かれてあったような、、、探せば、どこかにあるはずです。それと共に、やはり、低ノイズ1.2Vレギュレーターが気になります。総合的に取り掛からないとダメだな、こりゃ。

ご質問のMUTE基板ですが、電源投入時または切断時の、ポップノイズの抑制が目的でしたら、アナログ最終段の後の、イヤフォン端子の手前に入れれば良いと思います。私のこのDACも、ポップノイズのために、差動合成基板のあとに挟んでいます。

投稿: @S | 2013年3月23日 (土) 00時41分

管理人様

返答有難うございました。
とすると、MUTE基板の入力電源は、TYPE-Dの+15Vということになりますか?
ちなみに当方は、AVCC1.2はBellsonのレギュレータを
使用しています。効果はあるんでしょうが、いろいろと一緒に変えたので不明でした。。。

投稿: パッチギ! | 2013年3月23日 (土) 10時02分

パッチギ!さん

またまた、こんばんは!MUTE回路の電源については、おっしゃる通り、+15Vから引いています。電源が切れると(正確には、+15Vが規定値を下回ると)、リレーが切断される仕組みです。これで、当方の環境では、ボツッという嫌なノイズからは、解放されました。

Bellsonのレギュレーターは、全く知りませんでした。情報ありがとうございます。でも、なんと高価な、、、さすがに躊躇しますねぇ。やっぱり、ADP151かなぁ~。なんとかならないかなぁー。

それと、アナログ用の±15Vは、TYPE-Iに交換することにしました。あの後、自分でも、ヒロさんのサイトを確認していて、「過渡特性が良い」と書きましたが、別にそうでもないんですね。ちょっと、ウルトラ・ローノイズを試したくなりました。

投稿: @S | 2013年3月24日 (日) 00時16分

管理人様

現在MUTE基板の在庫がないようなので、復活したらチャレンジしてみたいと思います。なんかいろいろと試していくと、途中から良くなったのか、悪くなったのか分からなくなってきますね。。最初の頃の劇的な変化が感じとれなくなってきます。。

投稿: パッチギ! | 2013年3月25日 (月) 17時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203313/57004889

この記事へのトラックバック一覧です: DAC9018D//その14:

« 損保ジャパン東郷青児美術館に行ってきた。 | トップページ | 新・電源タップ?? »