« 昇仙峡に行ってきた。 | トップページ | 今月の試聴盤//1305 »

2013年4月29日 (月)

DAC9018D//その16

Img_7863


「アドオン電源レギュレータ基板」を取り付けました。本来はDAC9018S用ですが、基板のパターンを確認すれば、DAC9018Dにも取り付けられます。

これで、電源基板関連の、一連の「低ノイズ化」が完成です。一つずつ確認しないと、どこがどう影響したかが、判らなくなるというのは、その通りですが、まぁ、これは趣味ですので~。本職ではないですし、理屈を優先させると、つまらなくなるので、、、と自分に言い訳。

それにしても、DAC9018Dの記事は、もう「その16」なのですねー。随分と長いこと、付き合っているものです!

|

« 昇仙峡に行ってきた。 | トップページ | 今月の試聴盤//1305 »

コメント

管理人様

ついに役者が揃いましたね。当方も1.2Vはデジタルが低ノイズ化されていないので、レギュレータをDIGIKEYで入手途中です。一度ケーシングしてしまうとなかなか億劫になりますよね。あと、最近巷で?というか限られた範囲の中でLowestを超えるNo Bandwidthを実現する方法が公開されており、当方もチャレンジしてみました。JC後のBCKLをICS570により固定4倍にしてMCKLを作成しそれを使用させました。周波数により違いますが、定期的にロック外れが起きるので鑑賞には堪えられませんが、Lowestの品質も上がったような気がして暫くその方式で運用しております。

投稿: パッチギ! | 2013年4月29日 (月) 18時49分

パッチギ!様

こんばんは。コメント有難うございます。

教えていただいた方法を、私も検索してみました。はぁー、考えるヒトもいるものですねー。確かに、とても良さげというか、確実に音質は向上するのでしょうね。でも、そうですかー、ロックはずれが起きますかー。それがなければ、当方もチャレンジしたいところですねぇ。うーん、どうしようかな。

投稿: @S | 2013年5月 1日 (水) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203313/57272808

この記事へのトラックバック一覧です: DAC9018D//その16:

« 昇仙峡に行ってきた。 | トップページ | 今月の試聴盤//1305 »