« 日光旅行 2013_07_13-15//その2 | トップページ | 地ビール »

2013年8月 5日 (月)

映画「風立ちぬ」を見た。

Img_7904


たぶん、普通の人は、この映画を見て、「ふ~ん」で終わってしまうのではないかと思います。

まぁ、この年になって、「ジブリ」を見るのは、気がひける部分もなくはないのですが。でもでも、この映画は、紛れも無く名作だと思います。宮崎駿モノでは、個人的には、「ラピュタ」に比肩する出来かと。

まずはじめに、これほどまでに宮崎駿が、「再現性」にこだわりを見せた映画はないかと思います。その意味で、ファンタジーものに強い手腕を発揮する宮崎アニメの中では、かなりの異色作です。冒頭で述べた、普通の人が、、、というくだりは、この映画に関しては、宮崎監督の「想像の産物」は、映画本編の初めに出てくる、「二郎」少年が大空を翔る飛行機と、その直後の不気味な飛行船の二つだけで、それ以外は本当に全て、歴史上確かに存在した物たちを、忠実に描いています。飛行機はもちろんのこと、蒸気機関車も、車も駅舎も、全てです。そもそも、主人公の「二郎」が、実在した「堀越 二郎」さんですし、基本的に、登場人物は実在の人です。といっても、劇中で、二郎の妻となる「菜穂子」のあたりに関しては、本来の堀越さんが違った人生を送られていることを考えると、創作と言えば創作です。でも、この恋愛部分のベースになった、堀辰雄の小説「風立ちぬ」は、ほぼ同時代の実話がベースであることを考えると、まったくハズレているとは簡単に言い切れません。

(私個人的に、小学生以来、この戦前の機械たちに強い関心があるので、そこ等の事情や話のベースが深く分かって、とても面白かったです。堀辰雄の作品も高校生のときに読みましたが、今読み返せば、また違った感想を持つのでしょう。それも楽しみです。)

アニメというのは、紛れも無く「虚構の世界」です。でも、その描くことを通じて表現できる世界も、確かに存在するわけです。ファンタジーゆえにファンタジーでなくなる何か。宮崎駿監督が、残りの人生で完成することの出来る映画の数を考えると、ある意味ここまで自己満足的とも思える作品を作ったことには、深い意義がある気がします。

いい映画です。

|

« 日光旅行 2013_07_13-15//その2 | トップページ | 地ビール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203313/57933810

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「風立ちぬ」を見た。:

« 日光旅行 2013_07_13-15//その2 | トップページ | 地ビール »