« 今月の愛聴盤//1409 | トップページ | 一人旅@戸隠 2014_08_19-22//その5 »

2014年9月20日 (土)

一人旅@戸隠 2014_08_19-22//その4

三日目の8/21は、「奥社」周辺と、「戸隠森林植物園」と、そこから”池めぐりコース”を延々と歩いて、中社まで戻ることを目指します!

Img_0087


と言いつつも、いきなりこの画像ですが、今回、生まれて初めて「鯉の煮付け」を食べました~!前の晩の夕食で出たものです。まぁ、連泊だと、結構、宿の人に気を遣わせることも多いのですが、今回の場合、3連泊ですからねぇ。基本的に、戸隠に行くのに、そこまで連泊はしないみたいです。で、この「煮付け」の味ですが、なんとも絶品っっ!!!こんなに「鯉の煮付け」って美味しいの!?心から感動です。なんか、病み付きになる味なんですよねェ!むしゃぶりつきたくなる味なんです。(大げさではありません!!)だって、ご覧の通り、煮魚で内臓まで平らげてしまったのも、本当に生まれて初めてです、、、

この感動をそのまま宿の方に伝えたら、「長野では、「鯉の煮付け」は有名で、きれいな水でその臭みを完全に抜いて、そして味を付けると、こうなるんです」とのことでした。去年の日光旅行でもそうでしたが、ご飯が自慢の宿の場合、二泊目以降で本領発揮の場合が多いかもです。(で、実は、三日目の晩ご飯も、さらに凄かったのです!!!まぁ、私が、美味しさの感動をそのまま言ったことで、もしかすると、板前さんが発奮しちゃったのかなぁ??なので、三日目のことは書きません、、、)

Img_8343


宿のことで言うと、これが泊まった部屋です。完全なる「和風」です。なんと居心地の良いものか~。ここだけでも、完璧にリラックスです~~ふぅ。

Img_8452


ベランダというか、小さな坪庭も付いていて、石の腰掛けに座りつつ、お酒でも飲みだしたら、それこそ極楽でしょう~

Img_8460


閑話休題です!

で、三日目は、まず、バスで終点「戸隠キャンプ場」まで行きます。上の写真は、隣接する「戸隠牧場」です。

Img_8459


なんか、やっぱり戸隠は凄いです~

Img_8463


これは、キャンプ場の中でコテージが集まる箇所ですが、こういう所なら、是非是非泊まってみたいと思いました!

Img_8465


ホント、連れと来ようかな!?ここのキャンプ場、結構いいかもです。中を流れる川が、見事に美しいです。

Img_8468


近くにある、「念仏池」です。またまた逸話が凄い感じです。

Img_8471


Img_8469


なんかですね、ありそうで無い、とても不思議な風情の池です!なるほど~

Img_8473

さて~、「奥社参道入口」まで歩きます~

Img_8474

Img_8475_2


今日もひたすら歩きます~

とてもとても楽しいです~~

Img_0096


で、前日も来た、参道の入口です。ちょっと分かりにくいですが、看板の横に、鳥居が立っています。

Img_0097


こんなカフェがあります。茶屋ですね。

Img_0095


Img_8477


せせらぎが大変綺麗です!やっぱり水が豊富!

Img_8481


鳥居をくぐると、しばらくはこういう感じが続きます。この写真にはあまり写っていませんが、奥社には、そこそこ観光客がいます。

Img_8482

でもやっぱり、木が、、、

Img_8483


Img_8484


「随神門」です。

Img_8486


ここをくぐると、、、

Img_8487


Img_8488


こんな杉並木、わたしゃ見たことがない!唖然。人とのスケールで比較してください~

箱根や日光あたりと比べても、かなりなすごい気が、、、

Img_8493


Img_0104


でですねぇ~、しばらく歩くと、急にこんな感じになってくるんです!!私は大丈夫ですが、意外と上るのきついかもです。まぁ、戸隠ですから、結構ご年配な方も散見されるのですが、「こんなだとは思わなかった」という会話が耳に入りました~

Img_0115


で、えっちらえっちら上ってたどり着いた「奥社」です。

Img_0112


振り返ると、まぁー見事!

Img_0117


やっぱり山の形が凄いんです!この地が神話に登場するのは、この山の形が影響してるのでしょう!宿の人の話しだと、なんでも、火山ではなく、海底がここまで隆起して出来たので、こういう形なのだそう。

Img_8495


実際の「奥社」の社殿は、比較的新しい建物なのですが(3つ上の写真)、その隣の「九頭龍社」は、やはりこういった感じです。

私は、以前はそれほど「お守り」は買わないのですが、ここだけは別物・別格な気がして、しっかりお祈りと、焚いてもらう木札を記入して、奥社の年齢おみくじも、神職の方にに引いていただきました。もちろんお守りも!!あれ??元来、神仏は、個人的には一切信じない(正確には頼らない)主義だったのですが、連れの影響かなぁ~~

Img_0134

随神門の鳥居側ではなく、奥社側です。

Img_0135


Img_0141


さてさて、今度は、「戸隠森林植物園」を歩きます。

Img_0140

出るらしいです。

まぁ、でも、戸隠の中で、ここほど歩きやすい場所は他にありません!道がかなり整備されているからです。

Img_0143


Img_0148


この日、二つ目の池です!「みどりが池」です。うーむ!

ここからさらに「鏡池」を目指します~

Img_0157


もう、この小川に出くわして、その言うに言われぬ雰囲気と、更に先には目的の池があるだろうことで、お腹いっぱいです~!まさか、こういう光景に出会えるとは、、、

Img_0159


Img_0160


Img_0161


Img_0162


見事、、、余計な説明は不要ですね。

Img_0164


その後、「鏡池」から「池めぐりコース」を歩いたのですが、今回の旅行で、これが一番の山道でした!一番の難所かなぁ。結構ね、時間がかかります。その道中の写真は撮っていません。そういう感じでもなかったかな。

でも、この「硯石」まで登ってしまえば、良い景色が広がります!

Img_0165


Img_0167


Img_0168


絵になるなぁ~

Img_0171


そしてたどり着いた「小鳥ヶ池」です。すでに陽も傾いていて、それよりもバッテリーの残量が殆ど無く、あまり写真に残せませんでした!

Img_0172


Img_0179


最後の最後、「足神さん」です。健脚を保って、“いつまでも歩き続けたい”と心から実感したのは、紛れも無く、今回のご縁でしょうか。

とまぁ、その畏敬と神々しさに圧倒されつつ、神の領域を思う存分歩きぬけた三日目でしたー!!

本当にいい空気・雰囲気を吸いこんだものです。

|

« 今月の愛聴盤//1409 | トップページ | 一人旅@戸隠 2014_08_19-22//その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203313/60343601

この記事へのトラックバック一覧です: 一人旅@戸隠 2014_08_19-22//その4:

« 今月の愛聴盤//1409 | トップページ | 一人旅@戸隠 2014_08_19-22//その5 »