オーディオ

2015年7月13日 (月)

RHA MA750を買ってみた。

Img_0419


iPhoneを導入以降(今現在は6+を使用中)、出先や移動中も音楽三昧で、とても楽しみが増えたのですが、プレゼントでもらったイヤフォン(audio-technicaのATH-CSK77)が壊れてしまい、Lchから音が出なくなってしまいました。そこで急遽、代用品を探すことに。

そこで、以前から知っていた、e-イヤフォンのサイトで(ここの秋葉原店は、以前に何回か訪れたことがあります)、ざっくり売れ筋&お勧めだった、表題のイヤフォンを購入しました。他のサイトでも、結構な高評価だったのも決め手です。

それまでのテクニカのイヤフォンは、結構バランスが良くて、好感の持てる自然な感触で、特に不満は無かったのですが、今度の新しいイヤフォンは、ちょっと驚きです。解像度が高いとか、音楽のジャンルを選ばないとか、そのような趣旨があちこち散見されますが、ボク個人は、むしろ真逆だと思います。確かに確かに、パッと聴きでは高解像度、でも正確には、ちょっと、そう聴こえさせる高域の音の出方があって、正直、個人的には、あえて選ぶ機種ではないんじゃないかと、、、低域は、イヤーピースの選択次第とも思い、全部試しましたが、根本的に解決する感じではなく、ちょっと不満です。

はっきり言えば、ボクの印象だと、かなりクセのあるイヤフォンです。これ、そんなに良いかぁ~!?だってだって、例えばオーディオに詳しくないヒトでも、このボーカルの表現とか、ないって分かるんじゃない??

改めて、オーディオ機器は、自分でよく聴いてから選ぶものだなと~~!やっぱり、ネットのレビューや口コミは、そんなに当てにならないねぇ~

ということで、中古で出して、違うのでも購入しようかと、思案中~

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2015年5月16日 (土)

DAC9018D//その32

ボク史上、最高のデジタルコントロールセンターとなった感のある、このDACですが、今回、流行の「DoP」環境も整えました!

このハイレゾ・DSD再生は、なんとなくの興味はあったのですが、でもそこまで乗り気ではなかったのが本当のところです。特にその必要性も感じなかったので、、、

でも今回、ノートPCの新調と、さらには一つの大きな偶然(?)から、これを実現してみました。

といっても

Img_0372


この噂のCombo384基板と、PCの方にはfoobar2000を導入するだけなのですが、実はこのCombo384基板のネジピッチが、それまで取り付けていた藤原さんのUSB基板(ISO2704 USB-SPDIFアイソレートモジュール)とほぼ同じなのです。なので、ケース加工という面倒な作業が一切無かったのが、個人的なハードルを一気に下げたのでした~(ちなみにCombo384自体は、マルツで格安で売ってた時に購入しました。)

Img_0373


Combo384自体は、PCからのバスパワーで動作させています。ただ、そのままでは、あまりに芸がないので、導電性高分子コンデンサーを入れてはいます。それと、このCombo384の推奨する高速アイソレーター:ISO7640を変換基板に取り付けて、接着剤でくっつけて、一体化しています。実際の結線に関しては、お気楽オーディオのBBSでの過去の書き込みなども参考にしました。foobar2000に関しては、Mi-Takeさんのホームページに詳しいです。

Img_0410


問題なく、ロックもしています。

Img_0409


「いやぁ~、音楽って、本当にいいものですね」(水野晴朗もどき)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新環境

3ヶ月ぶりの更新です!

昨年末に、暫定的にマンスリーマンションに引っ越して、さらに3月末に今のところに腰を据えて、さらにさらに今年度も辞令が下りたりと、なかなかハードな日々を過ごしていました~この環境の変化には、さすがに骨がおれたなぁ。

転居に伴い、家具や家電も新たに新調!

といっても、オーディオ系統は、基本的には同じものです。

Img_0406_2

ただ今回、実は念願だった、クアドラスパイアのラックを導入しました!Q4Dシリーズのスリガラス&シルバーポールのものです。

Img_0405_2


Img_0402


でも当然のことながら、出てくる音は、以前と違います。やはり、部屋の影響やルームアコースティックって、実際に結構あるものですね!とりあえず、出来る範囲で調整を施し、ざっくり満足できる音質で、好きな音楽が聴けるようになったのは、この上ない至福さです!

今回、PCやプリンターやネット環境、あるいはテレビなども新調したのですが、それらのデジタル機器は、ほぼ一か所のコンセントにつなぐようにしたのですが、実はそこのノイズ対策が、かなり効果がありました。秋月で売られるようになったTDKラムダのEMCフィルターを二連でかまして、フェライトコアもつけて、そこからの電力供給では、明らかに、出てくる音のクオリティが異なります!特に高音域の明瞭度があがり、全体のモヤがとれたようです。

(という感じなので、ほとんど必要のなくなってしまったヘッドフォンアンプは、完成することなく、棚上げの状態です!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

ハイブリッド・ヘッドフォンアンプ//その2

お待ちかねの、オーディオねたです!

とりあえず、発注していた天板の加工が終わりました。

今回、天板から、全ての重ねた基盤類をぶら下げる構造です。以前、ラックスマンにも、全く同じ構造の真空管パワーアンプがありましたが、あれと異なるのは、そのぶら下がった様を、そのまま見せてしまうことです。

Img_0327


天面です。10mm厚のアルミ板A5052を加工したものです。文字入れは、専門の別の業者に依頼しました。

Img_0328


裏側。脚はステンレス製で、尖端は、オヤイデのスパイク:OSP-SSです。

Img_0321


Img_0322


Img_0323


前側です。東急ハンズで入手したLアングルを、自分でギコギコ加工して、このようにしました。一応、アルプスのデテントボリュームが付いていますが、これは使用せず、バイパスしています。金メッキのフォーンジャックは、結構な値段だった記憶がありますが、千石電商で見つけて買いました。

Img_0324


Img_0325


Img_0326


背面はご覧の通り。RCAジャックは、ロジウムメッキのものが入力端子で、金メッキのは、それとパラレルのものです。以前購入していた、フルテック製の金メッキACノイズフィルターをあてがいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月25日 (木)

ハイブリッド・ヘッドフォンアンプ

もはや、これに関しては、作っているのかどうだか、全くわからない感じではあったのですが、少し、作業を進めました。

というか、今回初めてのエントリーかな!?

別に、昨今の高級ヘッドフォン・ブームや、それがらみでのヘッドフォンアンプの流行や、そもそもの前提としての、ポータブル機器でのハイレゾ・ブーム!といったこととは、あくまでも違った事柄です~

要は、がんがんスピーカーで聴けない状況への備えというか保険というか。

「ハイブリッド」と銘打つのは、半導体や真空管など、回路やデバイスが複数方式同居するからです。

まずは電源基板↓

Img_8568


いつもの藤原さんのものです。これで±24Vを作製。電解コンデンサーはニチコンPW、ダイオードにSiCものをあてがいます。

Img_8570


で、あまり必要はないのかも?なのですが、今回シャーシーがちょっと凝っているのもあって、電源のヒートシンクを冷やすのを主な目的に、12cmの低騒音ファンを取り付けます。この手のファンは、高価なのは結構な額ですが、お手ごろな中華製の「SL1225SL12」を選びました。これを本来のDC12Vではなく、DC8Vで回転させます。試してみましたが、確かに低騒音です!また、たくさんのインダクターとコンデンサーで、十分なノイズ対策を施します。

Img_8569


これは、アンプ本体ではなく、上のファンを含めたいくつかのアクセサリーを動かすための電源です。藤原さんの「LT3080電圧レギュレーター」基板です。ファンの回転数を調整するために、この可変電圧基板を選びました。放熱器は、前回、DAC9018Dでの手法:セメダイン・スーパーXで接着してしまう!!を使い、大き目のものを選んでいます。

Img_8571


ミュート基板です。出力の一番最後にかませます。

Img_8573


まず2種類の半導体アンプです。藤原さんの「RenewA11アンプ基板」(写真上)と「RenewA12アンプ基板」(写真下)です。抵抗はDALE、小信号の1015/1815はローノイズ品、入力部分のコンデンサは、A11はPMLCAPを、A12は松下のECQVを使用しています。ヒートシンクがやたら巨大ですが、熱的な必要性ではなく、ケーシングのし易さを考慮してです。

Img_8572


A11とA12の上には、NJM2760という、スペアナ表示用のアナログのバンドパスフィルタと、レベルメーターICのLM3914を組み合わせた、電球色LEDによる「グラフィックイコライザー」の基板を搭載します。今までのパワーアンプ類には、LM3914を用いた白色LEDのレベルメーターをデザイン上の一つの肝にしてましたが、今回は、NJM2760を組み合わせることで、更なるものを目指しました。自分で定数を実験しつつ、試作を繰り返しました。最終的に、千石電商で買った中華製のガラエポ基板をカットして作りましたが、裏側は、かなり耐熱ワイヤーで凄いことになってます。

Img_8579


これは、「Valvole Rosso」というブログの中の、「1626/EL32 - FETハイブリッド・ヘッドフォンアンプ」です。(ちなみにこのブログは、かなりフィギュアやアニメの話題がてんこ盛りですが、真空管がらみは、大変興味深いです。)回路そのものはこのブログの中のもの(定数は該当するアンプの最新版)ですが、またまたご多分に漏れず、ユニバーサル基板で作りました!うーむ。恐るべし、基板慣れ。具体的な実際のことは、また詳しく書きます。

Img_8578


最後は、いわゆる「YAHA」アンプです。それこそ無数に作例がありますよね!1個上のもそうですが、ここら辺のは、低電圧で真空管を動作させるという、ちょっとした禁じ手を使ったものです。これも、回を改めて記します。

結局、24Vという電圧で、「A11」「A12」と、二つの真空管方式、合計4種類の音を切り替えられる仕様です!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月20日 (日)

DAC9018D//その31

前回の記事でふれた、「3端子toTPS7A47変換基板」の話題です。

現行のDAC9018Dのデジタル系統の電源は、藤原さんのところの「TYPE-H」を2枚と「TYPE-E」1枚でまかなっていますが(デジタル3.3Vとアナログ3.3V、そしてLCDやFFASRC、VUメーター用の5.0Vの、合計3系統)、「TYPE-H」にはマニュアル通りに、普通の三端子レギュレーターも搭載して熱分散を図っています。で、思ったのが、この三端子レギュレーターを、表題の基板に置き換えれば、更なるローノイズ化が図れるかなと。

個人的に気になったのは、放熱器の問題。デジタル3.3Vとアクセサリー5.0V用は、結構、消費電力が大きいので、ヒートシンクも、それなりのものをあてがいたいところです。で、採用したのが、千石電商で売っている「LEX(丸三電機) 20PBE31L30B」です。これのピンを抜き、セメダインのスーパーXで、基板に接着してしまおうかと。スーパーXは、セメダインのホームページによると、連続120℃の使用に耐えられるとか。70℃以下に抑えるのを目標に、ヒートシンクも選んでいるので、それで全く問題ありません。

Img_8249

Img_8246

Prost'sさんの「3端子toTPS7A47変換基板」のマニュアルでは、出力側のセラコンの容量が10μFとなっていますが、どうも発振するようなので、秋月で買った、6.3V/22μFを、3個縦に重ねて半田付けしています。 あと今回、念のため、「熱伝導率:12 W/mK」を誇る、「MADE IN USAの高熱伝導性グリス COOL SILVER 1.0 WW-CS1.0」を千石で調達しましたが、これ、1g入りって、実際開けてみると、すんごい微量なのですね。当然と言えば、それまでですが。容器の大きさに騙されてはいけません。

Img_8252

↑完成した、デジタル3.3Vの基板。ダイオード直後の平滑用のコンデンサーが、ヒートシンクの大きさの関係で、片方を、2連から1連に減っています。まぁ、それでも1800μF×3で合計5400μFだから、なんとかなるかな。 ヒートシンクの温度も、実際の運用で、全く問題の無い熱さです。

Img_8253

↑アナログ3.3V基板。こちらは、電流がそれほど多くないので、ヒートシンクは、そのまま小型のものです。

Img_8226

↑アクセサリー用の5.0V基板です。 元々は、この部分は「TYPE-E」でしたが、 今回新調です。でも、三端子レギュレーターの部分は、「3端子toTPS7A47変換基板」 にはしていません。Renew FFASRC等を動かすのに、そこまでは、さすがに意味は無いかな。 JRCの+6.0Vの三端子レギュレーターを使っています。あと、ダイオードも、高価なSiCではなく、手持ちの日本インターの31DQ10です。

で、肝心の音ですが、良いほうに変わったということで。プラシーボかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

進行中の工作

Img_8225

約1ヶ月ぶりの更新です。色々とバタバタしていて、 せわしない今日この頃。

このブログをご覧になっている方の主な目的は、やはり自作オーディオ関連でしょうが、考えてみたら、そっち方向のネタを、最近あまり書いていませんでした。

まぁ、あまり作っていないといえば、そうなのですが、でもいくつか進行してはいます。

○ハイブリット・ヘッドフォンアンプ:3種類のアンプを同居させて、切り替えて聞き比べることが出来るものです。3種類といっても、本命は、「1626 ミューフォロワー HPA」でしょうか。ヘッドフォンアンプといっても、アンプが3つなので、結構な規模になるのですが、回路的には、実は大体出来上がっています。ケースなどの問題もあって、まぁ、詳細はそのうちに。

○電波時計:写真の左のものですが、当然、カスタマイズしまくっています。これもケース待ち。オリジナルは、学研の「大人の科学 パタパタ電波時計」です。そのうち報告します。

○DAC9018Dの電源:Prost'sさんのところの「3端子toTPS7A47変換基板」を、DAC9018Dの電源基板に付けてみようかと。

そんなこんなで、以上、ご報告まで~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月30日 (木)

DAC9018D//その30:I2S受信基板

フィデリックスのI2S基板を、ちゃんと動くようにしました。DAC9018Dの「PCM-IN」で作動。

参考にしたのは、horestaさんのHP:「自作で遊ぶオーディオの世界へようこそ!」の中の、ブログの記事です。2012年1月の終わり頃の”「QA550」その後7”あたりの記述です。あとは、藤原さんのところのBBSの質問:「DAC1242-5 LVDS接続について」のブンとオトさんの書き込みや、本家フィデリックスのHPとかです。

Img_8169

horestaさんの記事の通り、二つのレギュレータの周囲を取り外して、+3.3Vを直接供給。回路図上で、インダクターの手前・SWの後ろに、ケーブルを直に半田付け。写真では写っていませんが、導電性高分子コンデンサ も抱かせてあります。 あと、IL715にも+3.3Vを入れるようにし、信号出力をDAC側につなげれば、それで完成です。

無事、音も出ました。SDTrans384での使用で、SPDIFよりもこちらの方が、明らかにボクの好みです。せっかくのSDTrans384ですから、そのうち、DSDも試したいところですが、あまり手を拡げると収拾がつかなくなりそう~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 3日 (火)

DAC9018D//その29

とりあえずの完成というか、ひとまず確定とします。

Img_81352


オペアンプは、「その27」でふれた本番用の基板に換装後、今まで聴いてきた10種類のもの全てを、ざっと聴きなおしましたが、結局「THS4061」にしました。やっぱり意外だったのが、「NE5534」です。どう考えても、今となっては、電気的にはそれほどのものではないのですが、音を聴くと、とてもバランスが良いです。音楽のジャンルを選ばない、言い換えると、どれもそつなくこなす感じなのです。でもでも、最終的に、「THS4061」の「音が飛びまくる」感じは堪りません!!太く且つ細かく、それでいて、スパッスパッと「音が飛ぶ」のです。この快感を経験すると、もう後には戻れません。この出音は、新しい基板のCR類の影響も大きいのでしょう。

それがらみでは、オペアンプ用の電源の、デカップリングコンデンサの容量を少なくしたのも意味がありました。というのも、それまでのが無意味に大きすぎて、ミュート基板で、即時遮断が実現出来ませんでした。これで、パワーアンプの電源を入れたままでも、電源のオン・オフに伴う、嫌な「ブツッ」という音は全く出ません。

Img_81252


Img_81322


前回の記事で書き忘れましたが、SPDIF系統の同軸配線を、すべてモガミの「3351」に交換しました。それまでは、あまり深く考えずに、オヤイデの「HWS-20」を使っていましたが、これは本来、アナログ用のケーブルで、若干静電容量が多目です。モガミの75Ω同軸高周波ケーブルだと、「2964」でもよいのでしょうが、外系が太いため、こちらの「3351」を購入。(@オヤイデ)

Img_81202


Img_81212


外観はこんな感じです。メインの2つのLCD(DAC9018D用とVUメーター用)は、白色バックライトのものに代えています。Digi-Keyにて、「NHD-C0216AZ-FSW-GBW」という型番の物を購入。真ん中付近の、ぼんやりと黄色のLCDと電球色で輝く部分は、「Renew FFASRC」のものです。

Img_81242


Img_81232


CDトランスポートとペアでの光景。もう一つ、SDTrans384を加えるのを失念!

Img_81312


内部の全体像は、こんなです。我ながら、よ~~作ったもんだぁ。まさに集大成と言えそうです。長い時間、そして幾ら掛かったんだろ!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月)

DAC9018D//その28

Img_8117


当初、このDACには、藤原さんの「FFASRC」を搭載していました。

その時の想定では、

PCM-IN(CN1) → フィデリックス製の基板を使い、SDTrans384とI2Sで接続

SPDIF1~4 →

一系統は、藤原さんの「ISO2704 USB-SPDIF アイソレートモジュール」を用いて、かなり簡易的なUSB接続、一系統はTOSリンク用。残りの2系統のうち、一つには「FFASRC」でアップサンプリングを施してみよう~~

ということであったのですが、ES9018は、そもそも内部にASRCが内蔵されているのを知り、本体ケース内部に搭載したものの、実運用では「FFASRC」は使っていませんでした。

ところがつい最近、藤原さんが「Renew FFASRC for SRC4392」をリリース。これを見て思ったのが、この基板のSPDIF1で受けて、PCM-OUT(CN3)から、DAC9018DへI2Sで繋ぐこと。というのも、フィデリックスの基板が上手く動作せず、DAC9018DのPCM-INが遊んでいたからです。で、購入~。

基板の製作自体は、全く問題なし~。Si5317Dとか、あるいはSRC4392とか、もう~怖くありません!でも上手くいかない、、、というか肝心のI2Sで、44.1kHzでも音が飛びます。接続に使ったフラットケーブルがノイズを拾うのかな?とも思いましたが、どうやらそうでもない模様。となると、ダンピング抵抗の問題かな?と思ったものの、それはそれで少し面倒。バンド幅を変更しても、同様の結果。

で、結局、上の写真の状態から、手持ちのパルストランス(NEWAVA S22083)等を追加して、SPDIFの同軸出力で接続という羽目に。結局のところ、SPDIFで入力後、一度アップサンプリングをしたものを、またSPDIFに戻し、それをまたES9018でエンコードするという、諸々意味がないことに。

でもそもそも、SPDIFで入力後、「Renew FFASRC」でアップサンプリングしたとしても、肝となるES9018は、PCM入力時でも内部のASRCは必ず通るわけですし、結局、効果のほどはよく分からない~。

というか、旧・FFASRCでも、PCMでの出力は可能ということを、最後になって知りました。結局なんだったんだぁ~~。

黄色のバックライトのLCDと、簡易状態表示用に電球色のLEDを複数搭載したので、彩りだけは綺麗になったかな!?という前向きな気持ちで取り繕いましょ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧